xelab - 2024.1 日本語

Vivado Design Suite ユーザー ガイド: ロジック シミュレーション (UG900)

Document ID
UG900
Release Date
2024-05-30
Version
2024.1 日本語

xelab コマンドは、指定した最上位ユニットに対して次を実行します。

  • 言語結合ルールおよび -L <library> コマンド ラインで指定した HDL ライブラリのいずれかを使用して、下位デザイン ユニットを読み込みます。
  • デザインのスタティック エラボレーション (パラメーターの設定、ジェネリックの処理、generate 文の実行など) を実行します。
  • 実行可能なコードを生成します。
  • 生成された実行可能コードをシミュレーション カーネル ライブラリにリンクして、実行可能なシミュレーション スナップショットを作成します。

この後、xsim コマンドのほかのオプションと共に、出力された実行可能なシミュレーションのスナップショット名をオプションとして指定します。

ヒント: xelab は解析コマンドの xvlog および xvhdl を暗示的に呼び出すことができます。解析手順を組み込むには、xelab -prj オプションを使用します。プロジェクト ファイルの詳細は、プロジェクト ファイル (.prj) の構文を参照してください。
注記: xelabxvlog、および xvhdl は Tcl コマンドではなく、Vivado に依存しないコンパイラ実行ファイルです。対応する Tcl コマンドはありません。

xelab コマンド構文オプション

各オプションの詳細は、次のコードを参照してください。

xelab 
[-d [define] <name>[=<val>]
[-debug <kind>]
[-f [-file] <filename>]
[-generic_top <value>]
[-h [-help]
[-i [include] <directory_name>]
[-initfile <init_filename>]
[-log <filename>]
[-L [-lib] <library_name> [=<library_dir>]
[-maxdesigndepth arg]
[-mindelay]
[-typdelay]
[-maxarraysize arg]
[-maxdelay]
[-mt arg]
[-nolog]
[-noname_unnamed_generate]
[-notimingchecks]
[-nosdfinterconnectdelays]
[-nospecify]
[-O arg]
[-override_timeunit]
[-override_timeprecision]
[-prj <filename>]
[-pulse_e arg]
[-pulse_r arg]
[-pulse_int_e arg]
[-pulse_int_r arg]
[-pulse_e_style arg]
[-r [-run]]
[-R [-runall]]
[-rangecheck]
[-relax]
[-s [-snapshot] arg]
[-sdfnowarn]
[-sdfnoerror]
[-sdfroot <root_path>]
[-sdfmin arg]
[-sdftyp arg]
[-sdfmax arg]
[-sourcelibdir <sourcelib_dirname>]
[-sourcelibext <file_extension>]
[-sourcelibfile <filename>]
[-stats]
[-timescale]
[-timeprecision_vhdl arg]
[-transport_int_delays]
[-v [verbose] [0|1|2]] 
[-version]
[-sv_root arg]
[-sv_lib arg]
[-sv_liblist arg]
[-dpiheader arg]
[-driver_display_limit arg]
[-dpi_absolute]
[-incr]
[-93_mode]
[-nosignalhandlers]
[-dpi_stacksize arg]
[-transform_timing_checkers]
[-a[ --standalone]
[-ignore_assertions]
[-ignore_coverage]
[-cov_db_dir arg]
[-cov_db_name arg]
[-uvm_version arg]
[-report_assertion_pass]
[-dup_entity_as_module]
[-cc_celldefines]
[-cc_libs]
[-cc_type arg]
[-cov_db_dir arg]
[-cov_db_name arg]
[-ignore_localparam_override]
[-sc_lib arg]
[-sc_root arg]