RQS_UTIL-203: Large ROM Inferred using Distributed RAM - 2023.2 日本語

Vivado Design Suite ユーザー ガイド: デザイン解析およびクロージャ テクニック (UG906)

Document ID
UG906
Release Date
2023-10-19
Version
2023.2 日本語

配列の深さが 64 ビットを大幅に超える ROM は、ブロック RAM に推論することをお勧めします。合成ツールはデフォルトでこれを実行しようとしますが、コーディングや制約の制限により、実行できないことがあります。

ブロック RAM に推論できない主な原因は、出力レジスタがないことです。ブロック RAM では同期読み出ししかサポートされませんが、分散 RAM にはこの要件はありません。2 番目によくある原因は、配列または ROM_STYLE 属性により、推論する必要のあるリソースのタイプが強制的に指定されていることです。

簡単な修正を加えることにより、LUT 使用率、タイミング、および密集 (該当する場合) を改善できます。