xmcLibraryPath - 2024.1 日本語

Vitis Model Composer ユーザー ガイド (UG1483)

Document ID
UG1483
Release Date
2024-05-30
Version
2024.1 日本語

xmcLibraryPath は、MATLAB ユーティリティ xmcLibraryPath を使用して、MATLAB のコマンド ウィンドウから DSPLib のルートをローカル ディレクトリのカスタム ディレクトリに設定する MATLAB ユーティリティです。

構文

xmcLibraryPath(‘<Arg1>’, ‘dsplib’, <Arg2>);

'<Arg1>': 次の表のいずれかのオプションを指定します。

表 1. Arg オプション
<Arg1> 説明
'set' DSPLib ルートをローカルのカスタム ディレクトリに設定します。
'reset' DSPLib ルートをディフォルトのディレクトリにリセットします。
'get' 現在の DSPLib ルート ロケーションを表示します。
'getDefault' デフォルトの DSPLib ルート ロケーションを表示します。

例 1

xmcLibraryPath(‘set’, ‘dsplib’, '/workspace/Github_Repo/Vitis_Libraries/dsp');

DSPlib を GitHub リポジトリのコードをポイントするよう設定します。

例 2

xmcLibraryPath(‘reset’, ‘dsplib’);

DSPLib を Model Composer がインストールされているディレクトリ (デフォルトの場所) に設定します。