xlGetReOrderedCoeff - 2024.1 日本語

Vitis Model Composer ユーザー ガイド (UG1483)

Document ID
UG1483
Release Date
2024-05-30
Version
2024.1 日本語

xlGetReOrderedCoeff 関数は、FIR Compiler ブロックの再順序付けされた係数セットを提供します。

構文


A = xlGetReOrderedCoeff(new_coeff_set, returnType, handle)

説明

注記: この関数の 3 つのパラメーターすべてが必須です。
new_coeff_set
既存の FIR Compiler に読み込む必要がある新しい係数セットです。元の順序で関数に入力する必要があります。
handle
係数を並べ替えるスキームを提供します。デザイン内の FIR Compiler ブロックへのハンドル、または IP リポジトリによって生成された reload.txt ファイルへのパスのいずれかを指定します。Simulink キャンバス上で FIR Compiler ブロックが選択される場合、ハンドルは gcbh と指定できます。
returnType
並べ替えられた係数を返すか、リロード順だけを返すかを指定します。coeff または index のいずれかを指定します。coeff 戻り型は、必要な係数セットを変更し、FIR Compiler ブロックに直接供給できる並べ替えられた係数セットを提供します。index 戻り型は、手動で処理する必要がある new_coeff_set を使用した係数アドレス ベクターのみを提供します。

例 1:

A が係数の行ベクターで、その元の順序で並べ替えられた係数を取得するには、次のように入力します。


reload_order_coefficients = xlGetReOrderedCoeff(A,'coeff', gcbh)

この例では、reload_order_coefficients が A に含まれる係数をリロード チャネルを通じて FIR Compiler に渡す順番を指定しています。

または、リロード アドレス ベクターを取得することもできます。

reload_order_coefficients = A(xlGetReOrderedCoeff(A,'index',gcbh))

例 2:

この例では、IP リポジトリで生成されたテキスト ファイルを使用して、リロード順を指定する方法を説明します。


reload_order_coefficients = xlGetReOrderedCoeff(A,'coeff','reload_<version>.txt')

関連項目

FIR Compiler 7.2 ブロック