vmcAnalyze - 2024.1 日本語

Vitis Model Composer ユーザー ガイド (UG1483)

Document ID
UG1483
Release Date
2024-05-30
Version
2024.1 日本語

vmcAnalyze 関数は、Vitis Model Composer コード ジェネレーターをプログラムで起動する方法を提供します。

構文

status = vmcAnalyze('modelName')
status = vmcAnalyze('MyModel', 'MyModel_hubInfo.json')
status = vmcAnalyze('MyModel', 'closeProgressWindow', 1)
[status, designInfo] = vmcAnalyze('MyModel', ...)

説明

vmcAnalyze は、Vitis Model Composer コード ジェネレーターを起動し、ステータス コードを返します。

機能的には、Model Composer Hub ブロックを開き、[Analyze] ボタンをクリックするのと同じことです。

vmcAnalyze は、コード生成が正常に終了すると 0 を返すブロッキング関数です。0 以外のリターン コードは、コード生成時のエラーを示します。

動作するサブシステムをプログラムで選択するには、vmchub_set_param 関数を使用して、SelectSubsystem プロパティを設定します。次に例を示します。

vmchub_set_param('modelName/Vitis Model Composer Hub', 'modelName/DUT_ss',  'SelectSubsystem', 1);

続いて、vmcAnalyze. を呼び出します。

vmcAnalyze('MyModel'): 'MyModel' の Model Composer Hub ブロックの設定を使用します。

[status, designInfo] = vmcAnalyze('MyModel'): HDL デザインの情報構造体を提供します。AIE や HLS の場合、この構造体は空になります。

status = vmcAnalyze('MyModel', 'MyModel_hubInfo.json'): JSON ファイルの設定を使用してコードを生成します。

status = vmcAnalyze('MyModel', 'closeProgressWindow', 1): コードの生成が終了すると、[Progress] ウィンドウを閉じます。

関連項目

vmchub_get_paramvmchub_set_paramvmcGenerate、vmcValidate、vmcExport、Vitis Model Composer Hub ブロック。