pragma HLS array_stencil - 2024.1 日本語

Vitis 高位合成ユーザー ガイド (UG1399)

Document ID
UG1399
Release Date
2024-07-03
Version
2024.1 日本語

説明

#pragma HLS array_stencil variable=<name > <off>

#pragma HLS array_stencil variable=xxx off を使用して、ループ内の変数の自動ステンシルをディスエーブルにします。

グローバル自動制御

config_array_stencil -throughput_driven <off|on>

コードの正規形式および制限:

  • ステンシルの最適化は、最上位にのみ適用可能です。
  • 多次元のステンシル パターンの場合、ループ範囲は一定である必要があります。
  • プラグマはループ内に配置する必要があります。
  • ステンシル最適化が適用されるループでは、II=1 のパイプライン プラグマが必要です。
  • ステンシル最適化では、完全な入れ子のループが必要です。
  • アクセス パターンは固定パターンである必要があります。
  • アクセス パターンの順序は、ループの順序に従う必要があります。たとえば、±1 のループ インクリメントとなるようにする必要があります。