config_csim - 2023.2 日本語

Vitis 高位合成ユーザー ガイド (UG1399)

Document ID
UG1399
Release Date
2023-12-18
Version
2023.2 日本語

説明

C シミュレーション コマンド (csim_design) の設定を指定します。

構文

config_csim [OPTIONS]

オプション

-O
C/C++ テストベンチの最適化コンパイルをイネーブルにします。これにより、コンパイル時間は増加しますが、ランタイム パフォーマンスは改善されます。
-argv <string>
ビヘイビアー テストベンチの引数リストを指定します。<string> は、テストベンチの main() C/C++ 関数に渡されます。
-clean
クリーン ビルドをイネーブルにします。このオプションを指定しない場合、csim_design ではインクリメンタル コンパイルが実行されます。
-ldflags <string>
シミュレーションでリンカーに渡すオプションを指定します。通常は、インクルード パス情報または C/C++ テストベンチのライブラリ情報を渡すのに使用されます。
-mflags <string>
シミュレーションに必要なオプションを指定します。
-profile
[Pre-Synthesis Control Flow] ビュー の作成をイネーブルにします。
-setup
シミュレーションは実行せず、アクティブ ソリューションの csim ディレクトリにシミュレーション バイナリを作成します。シミュレーションは、後でコンパイルされた実行ファイルから実行できます。