syn.directive.top - 2024.1 日本語

Vitis 統合ソフトウェア プラットフォームの資料: アプリケーション アクセラレーション開発 (UG1393)

Document ID
UG1393
Release Date
2024-07-03
Version
2024.1 日本語

説明

関数に名前を付けます。この名前を set_top コマンドで使用すると、名前を付けた関数を最上位関数として設定できます。これは通常 C++ のクラスのメンバー関数を合成するために使用されます。

構文

syn.directive.top=[OPTIONS] <location>
  • <location>: 名前を変更する関数を指定します。

オプション

name=<string>
HLS 一般オプション で説明するように、syn.top コマンドで使用する関数の名前を指定します。

関数 foo_long_name の名前を DESIGN_TOP に変更し、最上位として指定します。コード内にプラグマが含まれる場合でも、GUI プロジェクト設定で指定した最上位で set_top コマンドを実行する必要があります。

syn.directive.top=name=DESIGN_TOP foo_long_name

この後 syn.top=DESIGN_TOP コマンドを実行します。

関連項目