Kernel Utilization - 2024.1 日本語

Vitis ガイダンス メッセージ (UG1315)

Document ID
UG1315
Release Date
2024-05-30
Version
2024.1 日本語

詳細

このルールは、すべてのエンキューされたカーネルに対して、ローカル ワーク サイズの合計がグローバル ワーク サイズと等しいかどうかをチェックします。

説明

これは、OpenCL のカーネル実行に関するサニティ チェックです。基本的には、使用可能な計算リソースがあれば、すべてのワークロードが完全に計算されます。

推奨

このルールに違反した場合は、実行が完了し、ボードが電源喪失しなかったことを確認してください。