Kernel Clock Minimum Frequency - 2024.1 日本語

Vitis ガイダンス メッセージ (UG1315)

Document ID
UG1315
Release Date
2024-05-30
Version
2024.1 日本語

詳細

自動周波数スケーリングができませんでした。指定されたカーネル インプリメンテーションに基づく最大カーネル周波数が、ランタイムがサポートする最小周波数よりも低くなっています。

説明

自動周波数スケーリング機能を使用すると、ユーザー カーネルは意図したよりも低い周波数でもハードウェアで動作させることができます。ただし、最低周波数より遅いものはハードウェアで動作させることはできません。

推奨

通常、xocc は –kernel_frequency オプションをサポートしているので、合成用のカーネル周波数を定義できます。また、クロックのばらつきを使用して、HLS スケジューラが 1 サイクル内で操作をスケジュールできる時間の長さに影響を与えることも可能です。どちらの場合も、これらのオプションを使用することで、結果的にスケジュールをより高い周波数で動作するようにできます。

注記: WNS 値を含め、スラック値には次のような意味があります。スラック値が負の場合、タイミングを満たすことができなかったことを意味します。スラック値が 0 または正の場合は、通常タイミング チェックをパスしたことを意味します。しきい値も正の値である場合は、例外となる可能性があります。