Kernel Average Read Size - 2024.1 日本語

Vitis ガイダンス メッセージ (UG1315)

Document ID
UG1315
Release Date
2024-05-30
Version
2024.1 日本語

詳細

関連する DDR メモリ バンクの読み出し帯域幅の使用率が低いです。

説明

読み出し帯域幅の使用率は、カーネルが DDR メモリからデータを最大限の可能性で読み出していないことをユーザーに示す指標となります。これは、DDR メモリからの読み出し時間に影響します。読み出し帯域幅の使用率は、主に転送速度に依存します。転送速度とは、バスのアクティブ時間あたりに DDR メモリに転送されるバイト数合計のことです。

回避策

読み出し帯域幅の使用率を向上させるには、転送されるバイト数合計を増やし、最大バス アクティブ時間を短くします。

転送されるバイト数合計を改善するには、インターフェイスのポート幅サイズを 512 に増やします。

バスあたりの DDR メモリのアクティブ時間を改善するには、AXI でシングル アクセスではなく、バースト アクセスを増やす必要があります。