High-Bandwidth Memory (HBM) Usage - 2024.1 日本語

Vitis ガイダンス メッセージ (UG1315)

Document ID
UG1315
Release Date
2024-05-30
Version
2024.1 日本語

説明

このルールは、デバイスが広帯域幅メモリを使用しているかどうかをチェックします。

説明

パフォーマンスを最適化するため、AMD ではサポート デバイスで広帯域幅メモリ (HBM) を使用することをお勧めします。HBM を使用すると、従来の DDR メモリ技術と比較して、パフォーマンス、消費電力、フットプリントにおいてメリットがあります。

推奨

HBM を利用するには、ホスト コードで CL メモリ バッファーを HBM に割り当て、--sp v++ リンカー オプションを使用して対応するポート マッピングを指定します。
v++ -l --sp <compute_unit_name>.<kernel_interface_name>:HBM[0:15]