Compute Unit Count - 2024.1 日本語

Vitis ガイダンス メッセージ (UG1315)

Document ID
UG1315
Release Date
2024-05-30
Version
2024.1 日本語

詳細

このメッセージは、あるカーネルが何個の同等の計算ユニットで何回実行されたかをレポートします。

説明

1 つのカーネルは、複数の計算ユニットを使用してアクセラレータにインプリメントできます。こうすることで、複数のワークロードを異なる計算ユニットで同時に実行できます。このメッセージは、使用可能なワークロードと使用可能な計算ユニットに関する情報を提供します。

推奨

複数の計算ユニットがデバイスに含まれる場合、アプリケーションのタイムラインを確認し、典型的なワークロードを使用する実行を通して、計算ユニットの使用率を調べることをお勧めします。データ転送が最大スループットを制御している場合、すべての計算ユニットが使用されるとは限りません。この場合、計算ユニットを削除したり、デバイスにインプリメントするブロックを追加してみたりしてください。